学術データベース

学術データベース

ヨーク家の戦略(1)

副題 プロローグとしての『ヘンリ6世』3部作
著者名 上村 幸弘 (UEMURA Yukihiro)
出版社/掲載誌名 梅花女子大学文学部紀要
巻号 35
出版日 2001/12
概要 シェイクスピアの初期の歴史劇『ヘンリ6世』3部作を、薔薇戦争で対立したランカスター家とヨーク家の複雑な家系図を解きほぐしながら、リチャード・プランタジネットを中心とした政治劇として読み直した。また、この3部作に続く『リチャード3世』が作られるまでの経緯を見れば、劇中のあらゆる混乱は、リチャードを登場させるためのプロローグに過ぎないことが理解できる。すなわち、歴史劇第一4部作全体を、リチャード3世を主人公とした悲劇として読み直すことの意義を提唱した。(pp.29-43)