学術データベース

学術データベース

歴史劇の中の貴族たち

副題 ノーフォーク公爵家の系譜
著者名 上村 幸弘 (UEMURA Yukihiro)
出版社/掲載誌名 梅花女子大学文学部紀要
巻号 37
出版日 2003/12
概要 シェイクスピアが劇作家として活躍したテューダー王朝とステュアート王朝には、当時の政権を描いたいくつかの作品が存在する。とりわけ、シェイクスピアが晩年にジョン・フレッチャーと合作したとされる『ヘンリ8世』は、エリザベス女王の死後、ステュアート王朝初期の作であり、同時代を描いた歴史劇といえる。本稿では、エリザベス女王によって処刑された第4代ノーフォーク公爵トマス・ハワードに至るまでのノーフォーク公爵家の系譜を、シェイクスピアの作品ならびに材源となった歴史書よりたどる。