教員データベース

教員データベース

森岡 広美
モリオカ ヒロミ  /  MORIOKA hiromi
職名 講師
所属 看護保健学部 看護学科
 
最終学歴 学位 吉備国際大学大学院国際協力研究科 修士(国際協力)、金沢大学大学院医薬保健学総合研究科博士後期課程在学中
所属学会 国際看護研究学会/日本看護科学学会/日本看護研究学会/日本看護学教育学会/日本看護実践学会/ 日本看護福祉学会/日本看護診断学会/日本在宅ケア学会
研究分野 看護管理/看護教育/国際協力/在宅療養
現在の研究課題
  • 看護師の就業意思持続モデルの開発
  • 看護基礎教育における学生の学習環境及び実習体制に関する研究
  • 国際協力の視点での外国人看護師受け入れに関する研究
  • 慢性疾患を持ちながら在宅療養中の療養者と家族の実態調査
  • PNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)のメリットとデメリット
業績一覧 ・国際協力の視点からみた看護労働力受入れの実状と問題点に関する一考察
・胃瘻造設患者の導入期からの関わりを考える
・特別養護老人ホームの介護職員を対象とした“看取り”に関する意識調査
・外国人看護師の視点から見た海外からの労働力受入れの定着化に向けた一考察      
・強迫神経症状のある患者への環境面に視点をおいた関わり方の一考察
・高度急性期医療施設で勤務する看護師の離職要因とその対策について
・NANDA-I看護診断の看護支援システムを導入した看護実践における問題点と今後の課題
・臨地実習指導を行うにあたって教員間で共有されるべき学生の情報
・Needs for Support System to Latent Demands among EPA Nurses in Japan
・The influence that the personal attribute of the nucleus nurse gives to an ability for nursing practice evaluation for the nurse new college graduate(Poster Award受賞)
・Student Information Which Should Be Shared by Teachers to Conduct Effective On-site Practice Guidance – Second Report
・学生の視点からみた臨地実習指導を効果的に行うにあたって教員間で共有されるべき学生の情報report2.
・成人看護学演習において 模擬患者(simulated Patient)を演じる 上級生のリフレクション
・臨地実習指導を効果的に行うにあたって教員間で共有されるべき学生情報に対する学生の認識
・臨地実習における看護師の実習指導の現状と困難感の実態
・若手看護師が捉えたパートナーシップ・ナーシング・システムのメリットとデメリット
・成人看護学実習における学生の自己効力感と 看護師から受けた指導内容に対する評価との関連
・.臨地実習指導者の実習指導自己評価と困難感-経験年数別・実習指導役割別の比較を通してー
・Advantages and Disadvantages of the Partnership Nursing System from the Viewpoint of Senior Nurses in Japan
担当科目 急性期看護論/病態看護援助論/成人看護学実習Ⅰ・Ⅱ/看護研究演習/総合実習
メールアドレス h-morioka@baika.ac.jp