学術データベース

学術データベース

<学術論文6>空間デザインにおける幾何学図形の美に関するコンピュータを用いた数理的検討

A Computer-Assisted Mathematical Study of Beauty in Geometrical Forms of Space Design

著者名 吉田 美穗子 (YOSHIDA Mihoko)
出版社/掲載誌名 日本デザイン学会
巻号 54,6
49-54
出版日 2008/03
キーワード 美/CAD/対数螺旋
概要 コンピュータは幾何学図形を正確に描写できるばかりではなく、思いつくままに書いた複雑な数式のグラフですら、即座に視覚化して美しい形体を提示する。2次元グラフを3次元に応用すれば、それは幾何学図形の織り成す空間となる。特に、自然の形体に見る対数螺旋に注目し、美を司るデザインの要素の考察を、コンピュータを用いることにより空間デザインの検討を行った。さらに幾何学図形を利用して、建築・インテリアへのデザインの転用を試みた。
本文 000916-1404370467.pdf (989KB)