学術データベース

学術データベース

アーノルドを駁するイェイツ

著者名 谷川 冬二 (TANIGAWA Fuyuji)
出版社/掲載誌名 風呂本武敏編『テキストとコンテキストの間で--イェイツの場合(仮題)』所収。東京:英宝社。
出版日 2006/05
キーワード イェイツ、アーノルド、1798、ユナイテッド・アイリッシュメン、ケルト
概要 詩人イェイツが描いたアイルランドという国の形について、19世紀ブリテンの詩人であり学者であるマシュー・アーノルドの名高いケルト文学論との関係から考察する。イェイツはアーノルド同様1798年にアイルランドで起きた武装蜂起の再現を惧れ、それを回避しようとしていたが、同時に、アーノルドに論駁する過程でアイルランド側からケルトを主体的に語る論理を創案し、後の「ケルト復興」に途を開いた、とする。