学術データベース

学術データベース

明治期における「赤ずきん」の受容について   

The Reception od Little Red Riding Hood in Japan

副題 ―最初の邦訳と邦訳者を中心に― ―Focusing on the Showa Era (1926-1988) ―
著者名 野口 芳子 (NOGUCHI Yoshiko)
出版社/掲載誌名 『梅花児童文学』
巻号 26号 
94-110
出版日 2018/06
キーワード 赤ずきん 明治期 受容 グリム ペロー
概要 「赤ずきん」が日本で初めて紹介されたのは、1896(明治29)雑誌『少国民』においてである。「赤襟娘」という題名で翻訳されたその内容を詳しく紹介するとともに、明治期に邦訳された10話の「あかずきん」について、翻訳者を特定するとともに、改変された箇所を中心にその内容を詳しく紹介した論文である。