学術データベース

学術データベース

中国人女性留学生のリプロダクティブヘルスに関する知識と行動

著者名 斉藤 早苗 (SAITOH sanae)
共著者名 カルデナス暁東,辻本裕子,黒田裕子,町浦美智子,末原紀美代
出版社/掲載誌名 梅花女子大学看護保健学部紀要
巻号 8
11-20
出版日 2018/03
キーワード 中国,留学生,女性,リプロダクティブヘルス,国際看護
概要 【目的】中国人女性留学生のリプロダクティブヘルスに関する知識と行動を把握 することであった。
【方法】中国人女性留学生 229 名に無記名自記式質問紙を配布し,郵送法または 留置法にて回収した。
【結果】回収数は 153 名,回収率および有効回答率 66.8%であった。平均年齢は 22.8±3.3 歳,在日期間は平均16.1±17.3 か月であった。月経の知識(10 項目 10 点満点)は平均5.8±2.3点で,月経に関して気になることがある女性が 79.7%いた。性感染症の知識(25 項目 25 点満点)は平均 10.4±4.8 点で,(産)婦人科受診経験の ない女性が 58.8%いた。性と生殖の健康に関する情報や相談を希望する女性は 61.4%いた。
【結論】中国人女性留学生の月経や性感染症に関する知識は十分とは言い難く,リプロダクティブヘルスに関する看護支援の必要性が示唆された。留学早期に言 語・文化に配慮した支援を開始することが必要である。