学術データベース

学術データベース

「ROMAJI ZASSHI」に邦訳されたグリム童話について

Grimms' Fariy Tales in Romaji Alphabet:

副題 ―日本初のグリム童話邦訳をローマ字で訳出した訳者についてー(査読有)The Translation in the Romaji Zasshi and Their Translators
著者名 野口 芳子 (NOGUCHI Yoshiko)
出版社/掲載誌名 武庫川女子大学紀要 人文・社会科学編 
巻号 63巻
pp.1-12.
出版日 2015/03
キーワード 文永遣欧使節団、ヤーコブ・グリム、面談、3人の日本人
概要  ローマ字雑誌には1886年にグリム童話152番「牧童」がKATAYAMA KIN-ICHIROによって、1887年にグリム童話18番「藁と炭とそら豆」がIMURA CYUSUKEによってローマ字で訳されている。この2人の訳者については、これまでその漢字名も含めてどのような人物なのか、詳細は不明のままであった。翻訳の動機も、使用言語(英語かドイツ語か)も不明であった。この論文は、その謎を解きに挑んで、見事に詳細を明らかにした画期的な学術論文である。