学術データベース

学術データベース

幕末にヤーコプ・グリムを訪問した日本人について(査読有)

Japanese Visitors to Jacob Grimm in Berlin 1862

著者名 野口 芳子 (NOGUCHI Yoshiko)
出版社/掲載誌名 昔話―研究と資料(Falktales: Studies and Materials)
巻号 44号
pp.103-117.
出版日 2016/03
概要  1862年7月19日から8月5日の間に、2人か3人の日本人が突然、ベルリンのグリム家を訪問して、ヤーコプ・グリムとオランダ語で面談した。幕府が派遣した文久遣欧使節団の一員であることは確かだが、いったい誰だったのか、これまでその詳細については不明のままであった。この論文javascript:document.editForm.submit();はその人物が3人であり、誰であったかを特定した画期的な論文である。日独文化交流史にとっても、重要な発見となる論文となろう。