学術データベース

学術データベース

ジェンダー学を学ぶ人のために

Gender Studies Scholars

著者名 野口 芳子 (NOGUCHI Yoshiko)
共著者名 冨士谷・伊藤・レナード・コンネル・中村正・杉本・村岡・神谷・小矢野・中村彰・竹中・張・香川・上杉・進藤・波多野・
出版社/掲載誌名 世界思想社
pp.239-252.
出版日 2000/04
キーワード ジェンダー教育、グリム童話、教材、家父長制の家と国
概要 野口芳子 担当箇所「国家体制と異文化受容-グリム童話を中心に□明治期においてグリム童話がどのように訳され、受け入れられてきたかという問題を、当時の社会状況、経済状態、教育行政、家族制度といった諸問題に触れながら、明治という歴史的コンテクストのなかで把握しようと努めた。これによって、当時の日本が西洋の文化をどのように吸収し、排除し、利用しようと試みてきたかという文化受容の姿勢が解明される。