学術データベース

学術データベース

グリムのメルヒェンにおける女性像(査読有)

Das Frauenbild im Märchen der Brüder Grimm

著者名 野口 芳子 (NOGUCHI Yoshiko)
出版社/掲載誌名 武庫川女子大学紀要 人文・社会科学編 
巻号 39巻
pp.9-16.
出版日 1992/03
キーワード グリム童話、女性像、男性像、
概要 グリムのメルヒェン集の中には、女性がヒロインとして活躍するものが数多く見られる。そこでは女性は一体どのような姿で描かれているか、ということを中心に調べてみた。その中での女性の姿には、昔の社会の価値観や考え方が反映しており、夢を与えてくれるはずのメルヒェンの中にも、女性の社会的地位の低さや差別的扱い等が感じられる表現が随所にみられる。ここでは、グリムがメルヒェン集を世に出した19世紀のドイツの社会的背景にも目を向けながら、メルヒェンの中の女性像について考察してみた。