学術データベース

学術データベース

長期入院患者に対する多飲症心理教育の有用性

副題 統合失調症患者への看護アプローチ
著者名 山崎香菜、白井知子、浅野照子、桑水流浩章、小西眞、村上茂、岩田和彦、岩渕恭子、 岩西雄大
出版社/掲載誌名 日本精神科看護学術集会誌
巻号 56(3)
193-197
出版日 2013/11
概要 多飲行動が認められた統合失調症患者14名(参加群9名、不参加群5名)に対し、川上・松浦の多飲症心理教育を参考に作成したテキストを使い、多職種で分担してプログラムを実施した(全10回で1クール)。その結果、体重およびコーピング、LASMIの労働課題の遂行、コンプライアンス行動で介入前後に有意な変化が認められ、BPRSでは変化が認められなかった。