学術データベース

学術データベース

病棟専属看護助手の仕事の工夫

副題 精神科病棟の状況をふまえて
著者名 小島伸之、安井弘美、藤木 修、村上茂、渡邉 寛、 松永安衣子
出版社/掲載誌名 日本精神科看護学術集会誌
巻号 55(2)
220-221
出版日 2012/05
概要 1年以上の業務経験のある看護助手17名を対象にフォーカスグループインタビューを実施した。分析の結果、166コード、60サブカテゴリー、「病棟専属勤務することによって患者の問題行動を察知する」「病棟専属勤務を活かし患者の状態にあわせて対応する」「病棟専属看護助手として日常業務を看護師と協働する」「経費削減に努める」「仲間の工夫やマニュアル・看護助手申し送り簿を活かす」「限られた時間のなかで多くの業務をこなす」「洗濯物の片付け方を工夫して時間の短縮を図る」「長期・短期の業務計画を立てる」「患者の衣類を不足なく整える」「患者の安全・安楽に配慮し、段取りよく清掃する」の10カテゴリーが抽出された。