学術データベース

学術データベース

危険予知トレーニング導入による看護師の医療安全に対する意識変化

副題 精神科高度ケア病棟での取り組み
著者名 小林絵里香、花木みや子、寺地千佳、青木美恵、村上茂、森順子、林宣宏
出版社/掲載誌名 日本看護学会論文集: 精神看護
巻号 42号
284-287
出版日 2012/04
概要 精神科高度ケア病棟の看護師18名を対象に危険予知トレーニング(KYT)実施ごとの振り返りによる評価、KYTを取り入れた看護活動実施前後のアンケートなどを実施した。KYTを取り入れた看護活動によって、看護師のリスク感性を高め、患者が求める援助を提供しながら、患者の安心感と満足感を気遣う視点で前向きに安全対策を実施できるようになった。KYT実施後は、看護師が現場の情報を共有し、患者の安全を守るという目標に向かって看護活動を行うことで、安心感や協働の喜びにつながった。KYTを取り入れた看護活動導入後、インシデントレポートの提出件数および0レベルのレポート提出件数が増加した。