学術データベース

学術データベース

患者が期待するトラブル時の看護介入とは

著者名 四町田悟、吉村武、栗田康弘、青山純一、阿部宏、村上茂、西田幸一、荒木孝治、下里誠二
出版社/掲載誌名 精神看護
巻号 14(2)
58-65
出版日 2011/03
概要 精神科閉鎖病棟で患者間のトラブルがあった時に、患者は看護師にどのような介入を期待しているのかを明らかにするために、精神疾患患者4名を対象に半構成的面接を行った。その結果、【トラブルが起こりやすい状況のもとにいる患者の不安感】【トラブルを看護師に伝えることや止めに入ることが患者自身の不利になるおそれ】【トラブルが起こらないようにしてほしいという患者の願い】【トラブルが発生する状況での生活を通して入院へのフラストレーションが顕在化】【患者との日頃からのかかわりがトラブルを防ぐ】のカテゴリーが抽出された。