学術データベース

学術データベース

『箱男』論(二)

副題 ――その構造について――
著者名 田中 裕之 (TANAKA Hiroyuki)
出版社/掲載誌名 梅花女子大学文学部紀要
巻号 第32号
1ー28
出版日 1998/12
概要 作者安部公房自身が『理解されるとは考えられない』と語った『箱男』の独特な構造を解明すべく試み、『箱男』に認められる虚構の入れ籠構造は、それを読みとるか読みとらないか、そのどの水準に焦点を合わせるか、また、断片化された物語内容をどう係わらせるかによって、多様な意味を産出するものとなっていること等を指摘した。