学術データベース

学術データベース

『箱男』論(一)

副題 ――「箱男」という設定から―― 
著者名 田中 裕之 (TANAKA Hiroyuki)
出版社/掲載誌名 梅花女子大学文学部紀要
巻号 第31号
25ー41
出版日 1997/12
概要 「箱男」という存在の意味について、それが匿名性をめぐる安部の思想的営為が託された存在でもあるとともに、ついには現代的な犯罪の行為者ともなってしまう、人間関係に失調をきたした社会不適応者でもあること、さらにはまた、作者自身が戯画化された存在でもあること、について論じた。