学術データベース

学術データベース

『燃えつきた地図』における曖昧さの生成 

著者名 田中 裕之 (TANAKA Hiroyuki)
出版社/掲載誌名 国語教育論叢(島根大学教育学部国文学会)
巻号 第6号
107ー120
出版日 1997/03
概要 インタビューや座談会で安部が失踪の有する可能性に言及する時の、やや楽観的ともとれる口振りと、作品『燃えつきた地図』における失踪の描かれ方との間には、かなりの落差がある。本稿では、作品中に登場する青空と闇、作品全体にちりばめられた欠落や穴のイメージとそれに繋がる下降運動の存在などが、最終場面における主人公の失踪者としての新たな出発に、曖昧な両義性を付与すべく機能していることを論じた。