学術データベース

学術データベース

『他人の顔』論

副題 ――その構想と形象―― 
著者名 田中 裕之 (TANAKA Hiroyuki)
出版社/掲載誌名 梅花女子大学文学部紀要
巻号 第29号
33ー50
出版日 1995/12
概要 『他人の顔』に先立って執筆されたシナリオ『顔の中の旅』についての安部の発言を手掛かりに、『他人の顔』が「仮説」の設定による作品であって、複数のテーマを内包していること、その中の主要な一つが、人間は「誰でもないもの」であることに耐えられるのかという問いの形をとった、「本当の民主主義的な人間関係のあり方」の追求であること、等について論証した。