学術データベース

学術データベース

Incidence of disability in housebound elderly pepople in a rural community in Japan

著者名 河村 圭子 (KAWAMURA KEIKO)
共著者名 河村圭子、渡辺美鈴、渡辺丈眞、松浦尊麿、谷本芳美、河野公一
出版社/掲載誌名 Geriatrics and Gerontology International
巻号 第5巻第4号 
234~241
出版日 2005/12
キーワード 閉じこもり 高齢者 要介護移行率
概要 在宅高齢者に質問紙調査を実施した結果、閉じこもりは外出頻度の低下に伴い要介護移行率は増加する。少ない社会交流は要介護状態を促進し、社会交流のない群はある群と比べて要介護移行率が高い。従って介護予防は外出し社会交流を持つことが有効な手段であることが示唆された。