学術データベース

学術データベース

「かわいい」イメージに関する一考察

A Study of connected with image “kawaii”

副題 服装とメイク・ヘアのトータルコーディネートTotal coordinate of clothing form and makeup・hair
著者名 権世 和歌子 (GONSE Wakako)
共著者名 宗村 純江
出版社/掲載誌名 梅花女子大学短期大学部研究紀要
巻号 第60号
21頁~29頁
出版日 2012/03
キーワード かわいいイメージ 
概要 日本語の「かわいい」は、世界の共通語として認識されているといわれている。さらに「kawaii」は今、英語の単語になっている。「かわいい」の原点は、小さいものや、か弱いものを愛しむ気持ちがこめられていたが、現在、ファッションの用語として服装、メイク・ヘアスタイルなどトータルコーディネートとしてトレンドの変化の中、自己表現として幅広く用いている。その女の子たちが発信してきた「かわいい」モード、「かわいい」価値観が世界に浸透していった。服装やメイク・ヘアの範囲で「かわいい」と感じるものは「女性的な」「明るい」「ソフトな」などのイメージのもので、そして「好きな」イメージであった。また、「力量性」「活動性」「評価性」の3つの潜在的因子があった。「かわいい」イメージは、白を基調とした服装にピンク系の肌色と口紅、アイメイクは強調しないナチュラルメイクに茶色の髪色と判定された。一方「かわいくない」イメージは黒を基調としたモノトーン配色の服装に、ベージュ系の肌色に強調されたアイメイク、赤紫色の口紅のメイクに黒色のヘアであった。