学術データベース

学術データベース

<学術論文10>フラクタル形体で構成する空間デザイン

Space Design Composed of Fractal Shapes

著者名 吉田 美穗子 (YOSHIDA Mihoko)
共著者名 伊藤泰子
出版社/掲載誌名 日本デザイン学会研究論文集
巻号 59,5
11-16
出版日 2013/01
キーワード 自己相似性/フラクタル/VectorScript
概要 自然界では量的な大きさに左右されない、ある図形の部分と全体が相似であるという自己相似性が多く存在している。また、造形的なリズムの中での意外性の混在はわれわれに心地よい環境をもたらし、デザインを豊かなものにする。フラクタルはこの両面の性質をもっている。われわれにとってフラクタル幾何学図形を組み込むことは、自然界に存在する形のシステムを内包する新しい建築・インテリア形体を造ろうとする試みであると考える。フラクタル図形のもつ自己相似性のプログラムをCADに転用して空間構成を行った。大きさを持たないフラクタルに尺度を与えることで空間は幾何学図形の「美」を感じさせる、より自然形体に近いものとなった。フラクタルは居心地の良い空間を生成することのできる有効な手段であるとの確信を得た。