学術データベース

学術データベース

<学術論文8>古建築の動物文様とデザイン要素としての対数螺旋

Animal Design Patterns Carved in Ancient Wooden Buildings and Logarithmic Spirals as Effective Design Element

著者名 吉田 美穗子 (YOSHIDA Mihoko)
出版社/掲載誌名 日本デザイン学会研究論文集
巻号 58,6
101-106
出版日 2012/03
キーワード パターンデザイン/フラクタル/対数螺旋
概要 動物をモチーフとした古建築の文様を対数螺旋とその変形に分解し、それらの組み合わせによる複合体としての表記を試み、そこに確実な再現性を確認した。そして、日本の建築意匠において伝統的に用いられてきた対数螺旋は日本の古建築の動物文様においてフラクタルの特徴である自己相似形を繰り返し使用することにより、部分から全体にわたって通底するひとつの形体の訴求力を高め、確実に第三者の意識を喚起するデザイン要素であることを実証した。