学術データベース

学術データベース

「きのふはけふの物語」の笑話について

著者名 大谷 伊都子 (OTANI itsuko)
出版社/掲載誌名 梅花女子大学短期大学部 研究紀要
巻号 第60号
pp.121-pp.129
出版日 2012/03
概要 江戸時代初期の笑話集「きのふはけふの物語」における笑話について、主に言語的おもしろさからの分析を試みる。また、従来の説話集に含まれる笑話と比較して、
1 一話一話が短く、無駄な描写がない。
2 固有名のある登場人物が少ない。 
3 話末評語のある話は極めて少なく、「オチ」となる記述を話末に配している。
など純粋な笑話としての形式を整えつつあることがわかる。