学術データベース

学術データベース

「笑い」の要素について 

副題 −井上ひさしにおける直喩を中心に−
著者名 大谷 伊都子 (OTANI itsuko)
出版社/掲載誌名 梅花短大国語国文
巻号 創刊号
pp.34-pp.50
出版日 1988/07
概要 直喩にどのような条件が備わると滑稽になりうるかについて、井上ひさしの『吉里吉里人』を例に考察した。たとえられる対象およびそのありかたを「トピック」、それから連想される別の対象を「イメージ」とし、それぞれ滑稽になる条件を三つずつあげた。また、最終的には表現者のまなざしが重要な要素となることを述べた。