学術データベース

学術データベース

梅花女子大学短期大学部生のストレス度と体への影響について

A study of stress and its influence on physical condition of BAIKA Junior college students.

著者名 林 有希子 (HAYASHI Yukiko)
出版社/掲載誌名 梅花女子大学短期大学部研究紀要
巻号 第57号
pp.19-26
出版日 2009/03
概要 梅花女子大学短期大学部生活科学科調理・製菓専攻の学生を対象に、ストレス度・睡眠・免疫についての調査を行い、さらに体温・血圧・脈拍数を測定した。ストレス度チェックでは、9割弱の学生が軽度または中程度のストレスを感じており、特に1人は重度のストレス状態であることがわかった。質問項目では「すぐに起きられず、二度寝してしまう。」がトップで、睡眠障害が示唆された。平均睡眠時間は、ストレスがほとんど無いグループでは、全員7〜8時間であったが、ストレス度が上がると5〜6時間と短くなり、重度のストレスの学生は,4時間以下であった。また、ストレス度が高い程、睡眠障害レベルも高かった。風邪を引きやすい割合もストレス度の上昇とともに増加し、免疫力の低下が示唆された。さらに、体温、最高血圧、脈拍数もストレス度が高い程、上がる傾向がみられ、交感神経系の活動亢進が考えられるが、今後の更なる検討が必要である。