学術データベース

学術データベース

Raymond Carverの小説における「死」

著者名 大橋 千秋 (OHASHI Chiaki)
出版社/掲載誌名 梅花女子大学文学部紀要
巻号 第30号
pp. 47-63
出版日 1996/12
概要 Carverの短篇の多くは、社会の犠牲者たちが迷い込んでいく不条理を、削ぎ落としたような簡潔な文体で照射する。彼の作品が格段重みを増すのは、そこに死が絡んでくる場合である。その特異な作品世界における死のモチーフを検討する。